WSUSベストプラクティス

WSUS管理コンソールに接続できない事象が最近のOSで頻発する。

だいたいの原因はIISでwsus poolが停止している。

マイクロソフトがベストプラクティスを発表した。

Windows Server Update Services (WSUS) のベスト プラクティス - Configuration Manager
パフォーマンスが低下する構成を回避するための WSUS のベスト プラクティスについて説明します。
設定名
キューの長さ2000 (既定の1000から)
アイドルタイムアウト (分)0 (既定値の20から下)
Ping の有効化False (既定値の True)
プライベートメモリの制限 (KB)0 (制限なし、既定値 1843200 KB から)
通常の時間間隔 (分)0 (リサイクルが禁止され、既定の1740から変更される)
タイトルとURLをコピーしました